ワンポットギリシャ風鶏とレモンのご飯とお米の話

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

ワンポットギリシャ風鶏とレモンのご飯 ‐ お鍋一つで出来、お米の上に乗せた鶏肉の味が出来上がったご飯に浸みてとても美味しいご飯が主役です。

人生の半分以上はオーストラリアで日本語より英語が先に出てくる私ですが、やはり日本人だナーと感じる事が多々あります。例えば炊き立てのご飯やお蕎麦が大好きですし、朝からでもお寿司やお刺身も平気だし、納豆には目が無いし、食器を洗剤で洗ったらきちっと濯ぐし(そうです、多くのオージーはリンスしないのですよ)、食事の前後は『いただきます』と『ごちそうさま』です(こちらでは家族や友達を呼んで一緒に家で食べる時などは、呼ばれた人達はサンキューと言って食べ始めたりしますし、終わった時は美味しかったと言ったりして終えます)。

食べ物関係ばかりあげましたが、色々と日本人的な振る舞いもあるらしく、子供たちが面白がる事もあります。例えば我が家の場合洗濯物を干す所は物干し竿ではなくてワイヤーにビニールを巻いたロープになっていますが、干す前に必ずロープを拭きます。これは日本では当たり前だと思うのですが、こちらではそうでもないらしいのです。

我が家の物干しです。

家の物干しです。

又レストランに行ったりした時にハンドバッグは絶対に地面に置きません。日本のように籠などは出してくれませんのでオージーは皆ドンとハンドバッグを足元に置きますが、私は常にハンドバッグ掛けを持ち歩いています。レストラン等は床に食べ物が落ちているかも知れないではないですか。子供達から『やっぱり日本人だね』と言われます。

ご飯が好きなので移住して直ぐにシドニーでミディアムグレインと言うお米を見つけて安心したのを覚えています。ブランドはSun Rice(サンライス)と言って、今でも健在のブランドです。30年前は売られているお米の種類も少なかったのですが今ではスーパーでもあらゆる種類のお米が売られています。

オーストラリアの一般家庭でよく使われるのがロンググレインライスで、これは名前通り日本のお米より長めで炊いた時にお米同士がくっ付きにくくてぱらぱらしています。同じ仲間ですがそれより長いのがインド料理などで使うバスマティライスやタイ料理のジャスミンライス。ショートグレイン(短いお米)になると、イタリア料理のリゾットに使うアルボリオライス、スペイン料理のパエリアに使うカラスパラライス(又はパエリアライス)そして勿論ブラウンライスやレッドライスもあります。

我が家のお米達。右上が得体の知れないお米です。

我が家のお米達。左の隠れている箱はもち米、右上が得体の知れないお米です。

我が家では色々な国のお料理を作るので(もっとも殆どは息子が料理人なのですが)、お米も数種類用意しています。台所の戸棚にはコシヒカリ(日本食品店で買いました)、もち米、ロンググレインライス、アルボリオライス、パエリアライス、ジャスミンライス、バスマティライス, それと得体の知れないお米(息子に聞かないと判りません)があります。

中華料理のフライドライス(炒めご飯)を作る時はロンググレインの方がパラパラとしていて作りやすいと思います。中国人の友達には日本のお米のように少しくっ付くようなのは嫌いで、お米は一粒ずつ離れなければダメと言う人もいます。でもロンググレインではおにぎりは出来ませんよね。リゾットもたまに作りますが、お米から出るでんぷん質でクリームのように成らなければいけませんので他のお米で代用するのは難しいでしょう。

日本にはコシヒカリでも数え切れない程の種類があって、日本でお店に行くとまさにお米を主食とする国だナとつくづく思います。そしてお米の美味しさはオーストラリアで手に入いるお米とは比べ物になりません。まず炊けたときのお米のつやが違います。そして段違いに美味しい。品質の良い電気釜も貢献しているのでしょうね。

以前はスーパーでサンライスのミディアムグレインを買っていたのですが、息子が日本食品店のコシヒカリを試してみようと言って切り替えることになりました。彼が亀戸の姉の所で頂いたご飯が我が家のとは比べ物にならない位美味しかったので、美味しいものを常に追求する人なのでそういう事になった次第です。たまにミディアムグレインに切り替えると違いが判るようで指摘されます。

お米は日本の炊飯器で炊いています(20年位前に日本で買いました)が、こちらの人はお米をスパゲッティのように茹でます。だから出来上がったお米は水っぽくて美味しくないのですがオージーにとってはそれが当たり前なのだと思います。日本びいきの人達(最近とても増えています)は別ですが、殆どの人は日本の炊き方を知らないか、一度教わっても面倒だと思うようです(ちっとも面倒ではないと思うのですが、水の量を測ったり、火加減を調節するのさえ億劫なのかも)。

お米が好きなのでお米が主役のお料理となるとワクワクします。お料理を考えたくない時はとにかくお米を炊いて梅干とふりかけで簡単に済ませたりします。ナギのブログにもお米を使ったレシピが幾つもありますが、ここでは『ワンポットギリシャ風鶏とレモンのご飯』を紹介したいと思います。

お米や、チキンストック、水の量が中途半端な数字なのはオーストラリアの1カップは250mlで、ナギは殆どの場合カップで計量して1と1/2カップ等とレシピに書いているからです。そうなると、日本のカップは180-200mlなのでカップで示すととても複雑な分数になってしまうのです。なぜ世界中で同じ基準に統一出来ないのでしょうか。

ワンポットギリシャ風鶏とレモンのご飯
 
下準備
調理時間
合計
 
このレシピはギリシャの伝統的なお料理ではありませんがギリシャ料理でよく使う材料を使っています。このレシピの良いところはお鍋一つで出来るところです。お米の上に乗せた鶏肉の味が出来上がったご飯に浸みてとても美味しく、主役はご飯と言っても過言ではありません。
作者:
分量: 5人分
【材料】
鶏肉とマリネ
  • 鶏のもも肉 5枚 骨と皮付き(注1)
  • レモン 1-2個 皮の摩り下ろしと絞り汁 大匙4
  • オレガノ(ドライ) 大匙1
  • ニンニク 4かけ 潰す
  • 塩 小匙1
お米
  • オリーブオイル大匙1と1/2 (分けて使う)
  • 玉葱(小) 1個 微塵切り
  • ロンググレインライス 250ml
  • チキンストック 375ml
  • 水 190ml
  • オレガノ(ドライ) 大匙1
  • 塩 小匙1
  • 黒胡椒
盛り付け
  • 微塵切りのパセリ又はオレガノ(無くても良い)
  • レモンの皮の摩り下ろし(これは是非使ってください)
【作り方】
  1. 鶏肉とマリネの材料をチャック付きのポリ袋に入れ、少なくとも20分できれば一晩寝かせる。
調理
  1. オーブンを180Cに暖めておく。
  2. 鶏肉をマリネ液から取り出し、液は捨てないで取っておく。
  3. 大匙1/2杯のオリーブオイルを厚手のフライパン(オーブン用)に加え強めの中火にかける。
  4. 鶏肉の皮を下にして深鍋に入れ狐色になるまで火を通す。裏返して反対側も狐色になるまで焼く。鶏肉をお皿に取り出す。
  5. お鍋に溜まった油を捨ててペーパータオルでお鍋の内側を拭き取り、特に焦げのカスを除く。
  6. 大匙1杯のオリーブオイルを加えて強めの中火にかける。玉葱を加えて透明になるまで2-3分炒める。オイル以外のお米の材料全てと残してておいたマリネ液を加える。
  7. お米が沸騰したら30秒ほどしてから鶏肉をその上に乗せ、蓋をして(注3)オーブンに移し35分焼く。蓋をはずして更に10分程、水分が吸収されお米が炊けるまで焼く。(合計45分)
  8. オーブンからお鍋を取り出し5-10分置いてからパセリ又はオレガノとレモンの皮の摩り下ろしを散らして出す。
【注】
1. ここでは味が良くなるので骨付きの鶏肉を使いました。好みで骨無し、皮なしの鶏肉にしてもかまいません。その場合はお米をオーブンに入れて20分経ってから鶏肉を乗せます。骨無しの鶏肉は早く火が通るからです。

2. 使ったフライパンは直径が26cmで深さが6cmです。量的に丁度良い大きさでした。

3. このフライパンいは蓋が付いていないので大きなお鍋の蓋で代用しました。アルミフォイルやベーキングトレイでもOKです。

4. スライスしたレモンの両面を焼いて飾ってみました。

5. 多くの人からオーブンを使わない方法を教えて欲しいと言うリクエストがあったのでここに書き加えます。2つの方法がありますが、鶏肉の肉汁を使えないか鶏肉の皮がパリッとしないかで、出来具合はオーブンより劣ります。

a) 鶏肉を完全に火が通るまで焼いてからお皿に取っておき、次にお米を炊く(液体の量を1/2にする事)。お米の炊き方はオーブンに入れる前まではレシピ通りにし、オーブンに入れる代わりにお鍋に蓋をして、弱めの中火にかけ、水分がなくなる迄炊く(12-15分位)。ご飯がほぼ出来上がる前に鶏肉をご飯の上に乗せて蓋をして炊き上げる。この方法2つ目の方法より鶏肉の皮がパリッと仕上がります。

b) 2つ目の方法は鶏肉の両面を狐色に焼き(中まで火を通さない)、お米の上に乗せてお米を炊きながら鶏肉にも火を通す方法です。このやり方の方が簡単で、鶏肉の肉汁がご飯に浸み込みますが鶏肉の皮をパリッとさせる事は出来ません。

オーブンを使わない場合は骨無し、皮無しのもも肉を使うのが良いかと思います。そうすれば鶏の皮のパリッも考えなくて良いですし、火の通りも早くなります。

NutritionGreekchickenRice

このレシピの英語版の料理名は One  Pot Greek Chiken and Lemon Rice です。RecipeTin Eats (www.recipetineats.com)に載っています。

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

オススメ度: