ちょっと手を加えたハモス(Hummus)

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

ちょっと手を加えたハモス(Hummus) ‐ ハモスの上にスパイスの効いた羊肉のひき肉を散らしたものです。ピタブレッドやレバニーズブレッドで食べると本格的。 私は移住する前に中近東のお料理を口にしたことがありませんでした。1970年代は私が大学生から会社員になった時期で、かなり頻繁に外食はしていましたがやはり和食が多かったと思います。洋食と言えばイタリアンとかフレンチ位だったのではないかしら。あ、それからハンバーガーのようなものも食べました。これは勿論USA からですね。

オーストラリアに移住して良かったと思ったことは沢山ありましたし今も全然後悔して無いのですが、シドニーに住んで良かった事のひとつは色々な国の料理が手軽に食べられる事です。移住して間もない頃に初めてドナーケバブを食べました。円形の平たいパン(レバニーズブレッドやピタブレッド)に乗せて、タブーリ(パセリのサラダ)、レタス、トマト等の野菜とソースも一緒にクルリと巻いたものです。屋台のテークアウトでしたがこれが私にとって初めての中近東料理でした。ところで、オーストラリアではテークアウトではなくてテークアウェイ(take away)と言います。やはりイギリス英語系です。

falafel roll

これはドナーケバブではなくファラフェルロールです。肉(ケバブ)の代わりにヒヨコ豆のお団子を揚げたものが加わります。我が家で作りました・

最近は日本に帰ると屋台のケバブもあちこちに見受けられますが、1980年頃にはそういった物は東京にも全く在りませんでした。移住者の多いシドニーであらゆる国の食べ物を簡単に経験できるのは素晴らしいと思います。色々な国の普段の食べ物がたやすく手に入るので兎に角各国の食べ物を食べて見ました。私は好き嫌いも無くたいていのものは食べられますし、幸い子供達もそのように育ったので、子供が成人になってからは皆で食べ歩き旅行に出かける機会も増えました。

そのケバブに必ず付いて来るのがハモスです。日本ではフムスとかハマスとか言ったりもしますがオーストラリアでの発音はハモスが一番近いですね。ハモスはひよこ豆が主材料のビーガン(菜食)料理です。タヒニ(中近東の練りゴマ)も加わるので栄養価も高くタンパク質の摂取源でもあり、本場では夕食のメインにもなります。

こちらではワインやビールのおつまみにハモスをディップとしてテーブルに出したりアペタイザー(前菜)として出すこともあり、スーパーでもプラスチックに入れて売られています。私の友達もそうですが、殆どの人は出来合いのハモスで済ませていることが多いと思います。でもハモスってブレンダーさえあれば本当に簡単にできるのですよ。

フードブロガーのナギがちょっと手を加えたハモス、『スパイス香るラムのひき肉乗せハモス』を作ったのでそのレシピをここに紹介します。このレシピはハモスの上にスパイスの効いた羊肉のひき肉を散らしたもので、やはり肉がないと物足りないと言った方には好評だと思います。勿論ハモスだけでもOKです。ピタブレッドやレバニーズブレッドで食べますが、無塩のコーンチップスでもイケマス。

ナギはひよこ豆の缶詰を使いましたが、我が家で料理に関しては一番うるさくしかも腕が一番良い息子に言わせると、乾燥したひよこ豆を茹でて使ったら味がグーンと良くなるとの事です。私も何度かハモスを作りましたが缶詰を使いました。この次は乾燥豆からやってみます。

スパイス香るラムのひき肉乗せハモス
 
下準備
調理時間
合計
 
このレシピはハモスの上にスパイスの効いた羊肉のひき肉を散らしたもので、やはり肉がないと物足りないと言った方には好評だと思います。勿論ハモスだけでもOKです。ピタブレッドやレバニーズブレッドで食べますが、無塩のコーンチップスでもイケマス。
作者:
分量: 8人分
【材料】
スパイスラムのひき肉
  • ラムのひき肉 250g
  • 玉葱 1/2個 みじん切り
  • オリーブオイル 大匙1
  • クミンパウダー 小匙1/2
  • コリアンダーパウダー 小匙1/2
  • パプリカパウダー 小匙1/2
  • シナモンパウダー 小匙1/8
  • 黒胡椒 小匙1/4
  • 塩 小匙1
ハモス
  • ひよこ豆の缶詰 1缶(400g)水分を切っておく
  • 水 60ml
  • ニンニク 1かけ
  • レモン汁 1/2個分
  • タヒニ(tahini)又は練りゴマ 大匙2
  • エクストラバージンオリーブオイル 大匙2
  • 胡椒
盛り付け
  • 松の実 大匙1
  • パセリのみじん切り 大匙1
  • エクストラバージンオリーブオイル
【作り方】
  1. フライパンを強めの中火にかけ、松の実を少し焦げ目が付くまで炒る。炒った松の実は別のお皿にとっておく。
ラムのひき肉
  1. フライパンを再び強めの中火にかけ、オリーブオイルを加える。
  2. 玉葱を加えて透き通るまで炒める(2分)。火を強め、ひき肉、スパイス、塩を加える。ひき肉に塊が出来ないようにヘラで崩しながら火が通るまで炒める(3分)。
  3. 火から下ろし、肉が乾燥しないように蓋又はカバーをして室温まで冷ます。
ハモス
  1. 塩と胡椒以外の材料をフードプロセッサーにかけ、ペースト状に滑らかにする。
  2. 塩、胡椒を加える前に味見をしてから量を調節する。ひよこ豆の缶詰はブランドによって血お加減が異なるので。酸味もレモン汁で加減する。
  3. 本場のハモスはトマトケチャップのようにトロッとしてる。硬いようであれば水を加えて硬さを調節する。
盛り付け
  1. スプーンの背を使ってハモスを渦を描くようにお皿に広げる。
  2. ラムのひき肉を乗せ、松の実とパセリを散らす。オリーブオイルを振りかけて仕上げる。
  3. ピタブレッドを添えて出す。

NutritionHummus

このレシピの英語版の料理名は Hummus with Lamb です。RecipeTin Eats (www.recipetineats.com)に載っています。

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

オススメ度: