アルーパラーターと友達のアンの事

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

アルーパラータはインドで人気のある朝食です。中身を色々と変えられるのが楽しくて重宝します。去年からゴルフ仲間3人と一緒に桜を見に三月の末から日本へ行こうと計画を立てていました。3人は英語しか話さないので私が頼りと言う事で旅行日程、宿の予約等全てを任されました。あとは出発を待つばかりといった二月の末に仲間の一人、アン(Anne) に乳癌がみつかり、治療に専念するため旅行に行かれなくなってしまいました。

4人が3人になるというのはホテルの予約も結構難しいものです。ましてお花見のピーク時なので変更も難しく、キャンセルしてしまったら新しく部屋を確保するには高額を払うかカプセルのような激安ホテルしか無いのではと懸念しました。他の2人とは今回諦めて皆で来年行こうかとも話したのですが、最終的は3人で行こうという事になり必死で宿の調整を済ませた次第です。

images9N42SAXI1私も26年前ですが乳癌になりました。今は医学の進歩で手術や検査もスピ-ディになっているようでとてもよい事だと思います。私の場合はしこりを取り除くと同時にリンパ腺への転移を調べるための手術をし、左胸から腕にかけてリンパ腺を30個取って10日位入院していました。でもアンの場合は2泊3日の入院でした。日本もそうでしょうがこちらもこの頃は病院のベッドが足りなくて患者は出来るだけ早く追い出されます。四半世紀前はベッドがまだ余っていたのでしょうね。私が10日も入院したのはリンパ腺の検査結果が出なかった為ですが、アンの場合は手術して摘出した時点でおおよその結果がわかったとの事でしたから時代は変わったものです。早い退院と言う事で退院後は看護師さんが毎日アンの家に来てガーゼを取り替えたり体調をチェックしたりしていました。

アンは私と年齢が変わらないので、特に抗癌剤治療はキツイかなとも思ったり、最近の抗癌剤は体に優しくなっているかしらと思いめぐらしたりしています。私の方はと言いますと26年前ですからまだ一般的に乳癌にかかる年齢としては若い方でした。そのせいか、幸い放射線治療と抗がん剤治療の影響をあまり受けずに普通に仕事を続けることも出来ましたし、抗癌剤治療を受けている間は時々泳いだりもしました(かなりタフと言うか、鈍いと言うか、、、)。泳ぎすぎて手術した側の肩を少し痛めてしまい、お医者さんに頑張り過ぎないようにと注意されました。

髪が抜けても生えてくるし(私は少しカールがかかってまつ毛はカーラーが要らなくなりました!)、治療が終われば元通りの生活ができると思うので、お世話になったお医者さんや看護師さんたちに感謝をしてポジティブに生きることが大事だと思います。私の経験ではとにかく前向きで、明るくリラックスした毎日を過ごす事が一番だと思います。今、元気一杯です!

日本旅行の前にアンが夕食に招待してくれました。多分私が苦労して調べ上げ、皆と話し合って日本旅行のプランを立てたのに行かれなくなってしまい、申し訳なく思っての事だと思います。彼女の子供たちも家にやって来て手料理のヤギ肉のカレーをご馳走になりました。スパイスが効いて美味しく出来ていました。私はカレーも大好きです。国によって色々なカレーがありますがどの国のカレーも好きです。アンの作ったカレーにはブラウンライスが添えてありましたが、頂いた時にお米も勿論良いけれどパラーター(インドのパン)も悪くないなと、ナギのレシピ 『アルーパラーター』を思い浮かべました。

アルーはじゃがいもの事です。パラーターはインドのパンでアルーパラーターはジャガイモ入りパンです。あちらでは朝食に良く食べるそうです。ジャガイモの代わりにつぶした野菜などを使っても美味しくできます。

お芋大好きの私なので又お芋系のレシピですが試してみて下さい。

アルーパラーター(インドのじゃがいも入りパン)
 
下準備
調理時間
合計
 
アルーパラータはインドで人気のある朝食です。中身を色々と変えられるのが楽しくて重宝します。【注】に中身のバリエーションを提案してありますので見て下さい。パン生地を作るのは至って簡単です。捏ねた後20分置くことさえ忘れなければ大丈夫です。
作者:
分量: 4人分
【材料】
パン生地
  • 小麦粉 375g (注1)
  • 塩 小匙1
  • 水 250ml (注2)
  • サラダ油 大匙2(違う種類の油、ギーバター(ghee)、バターでも良い)
中身
  • マッシュポテト 2カップ弱 (注3、4)
  • 青ねぎ、みじん切り 2/3カップ
  • コリアンダー/香菜/パクチー、粗めのみじん切り 大匙2(無くても良い)
  • 生姜、おろしたもの 小匙1/2 (無くても良い、注5)
  • グラムマサラ 大匙1 (注6)
  • アジュワインシード/キャロムシード又はタイム 小匙1(注7)
  • チリパウダー 小匙1/4 (注8)
  • 塩 小匙1/2
【作り方】
  1. 小麦粉、水、塩をボールに入れ、テーブルナイフかゴムベラで材料を混ぜてから手を使って良く混ぜる。
  2. 生地がまとまったらボールから出して60回ほど捏ねる。生地の表面がベトベト、ボロボロでは無く、滑らかで、生地に弾力性が出てくる。
  3. 生地をボールのように丸めてラップに包み少なくとも20分(長くて2-3時間まで)置く。冷蔵庫に入れないこと。
  4. その間に中身を作る。中身の材料を全てボールに入れて良く混ぜる。
  5. オーブンを低温に暖めておく(これはパラーターを一枚ずつしか焼けないので冷めないように暖めておく為)。
  6. パン生地をナイフで4つに切り分け、ひとつの塊を伸ばし棒/めん棒で直径18cm位の円形に伸ばす。
  7. 中身の1/4を丸いパン生地の真ん中に置く。生地の外側を摘まんで中央に寄せ、中身を包む(写真参照)。中に空気が入らないように気をつけて、空け口を塞ぐ。
  8. 中身の入ったボール型の生地を少し平らにし、手で丸く形を整えてる。
  9. 裏返しにして口を塞いだ方を下にして伸ばし棒/めん棒で1.5cm程の厚さの円形に伸ばす。残りの3つも同じように作る。
  10. 大匙1の油をテフロン加工の(ノンスティック)フライパンに加え中火にかける。
  11. パラーターを一枚フライパンに乗せ、片面を1分45秒焼く。ターナー/フライ返しでパラーターの焼いた面の焼き具合をチェックする。薄い焦げ目が出来ていればOK.
  12. パラーターを裏返して1分30秒焼く。
  13. フライパンから パラーターをバット網に移し(パラーターの下側がべとつかないようにする為)、残りのパラーターを焼く間オーブンに入れておく。
  14. 油を少しフライパンに足し、残りのパラーターを焼く。
  15. 焼き上がったパラーターを4つに切り、暖かいうちにいただく。チャトニーやヨーグルトを付け合せにしても良い。中身に味が良くついているのでそのままでも美味しくいただける。
【注】
1. 小麦粉の代わりに全粒粉を使ってもかまいません。その場合はお水を加えるときにまず全体の3/4位加えてそこから大匙1杯ずつ加えていきます。

2. 小麦粉はメーカーによって水分の吸収力が多少異なります。まずレシピ通りに250mlから始め、必要であれば少し水を加えて下さい。パン生地は表面がすべすべして伸縮性が無ければいけません。べとついていたりボロボロしていてはだめです。

3. 中身は残り物のマッシュポテトでも新しく作ったものでもかまいません。残り物の場合、牛乳やクリームの入ったペースト状の物は使えません。ホクホクのマッシュポテトを使います。マッシュポテトの代わりにローストポテトでも出来ます。その場合、ポテトをつぶして使います。ローストポテトの焦げ目が中身の味を引き立たせてくれます。

4. ポテトの代わりにブロッコリーのような野菜を柔らかく茹でて潰して使っても良いと思います。

5. 生姜は使わなくてもOKですが代わりにニンニクや粉状の生姜スパイスを使うのはおススメできません。

6. グラムマサラはインドでよく使われる色々なスパイスをまぜたもので、日本料理で言うお醤油の様に頻繁にお料理に使われます。

グラムマサラが無い場合は以下のスパイスを混ぜて代用してください。クミンパウダーを小匙11/2+コリアンダーパウダーを小匙1/2+カーダモンパウダーを一つまみ+シナモンパウダーを一つまみ+ナツメグパウダーを一つまみ+適量の黒胡椒。スパイスが揃っていない時は在る物で間に合わせてもかまいませんが少なくともクミンとコリアンダーともう一つスパイスがあればグラムマサラ的になります。

7. アジュワインシード/キャロムシードはインド料理に使われタイムに味が似ています。もしアジュワインシード/キャロムシードもタイムも無い場合、以下のスパイスを混ぜて代用します。クミンシードを小匙3/4+キャラウェイシードを小匙3/4+オレガノを小匙1/2+適量の黒胡椒。

8. ここで言うチリパウダーは純粋な唐辛子を粉状にしたものです。カイエンペッパーでも代用できます

余分ですがパン生地の塊からパラーターを焼くまでの写真がありますので、これも参考にしてください。

Aloo-Paratha-Steps-2

 

NutritionAlooParatha

このレシピの英語版の料理名は Aloo Paratha(Indian Potato Stuffed Flatbread)です。RecipeTin Eats (www.recipetineats.com)に載っています。

 

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

オススメ度: