プローンカクテル 、今年もどうぞ宜しく

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

 

とても簡単にできる プローンカクテル は飾り付け次第で豪華に見えてパーティーの前菜にピッタリです。

明けましておめでとうございます。

振り返ってみると昨年はとても早く過ぎたような気がします。 毎日私なりに忙しくしていたからだと思いますが、とても充実した1年でもあり、この歳になって充実した日々を送れるのは有り難い事だとも思っています。

日本はお正月が特別な日ですが、こちらはやはりクリスマスです。前回の投稿でナギがクリスマス晩餐会のお料理を投稿するという話をしましたが、我が家のクリスマスのお料理はそれとは全く異なるものでした。

下の娘の環がクリスマスの前からタイに旅行をするというので、我が家のクリスマスパーティーは1週間繰り上げて、18日の午後1時からと言うことになりました。随分前から私を入れないで子供達が相談し、お料理のテーマが決められていて、地中海料理という事でした。環とマットが前菜のシーフード、豪がメインの肉料理、ナギがデザートということになっていました。

私は場所を提供するので飲み物さえ用意すれば何もしなくても良いと思っていたのですが、 こういう時にリーダーシップを発揮するナギが私におつまみとお酒の準備を割り当てたので、何もしない訳に行かなくなってガックリでした。

でもテーマが地中海料理なのでアンティパストという形で、各種のハムとチーズ、オリーブなどを買って大皿に並べるだけで楽です。私の所に来ると皆ワインボトルを持って来るし、マットと豪はビールも飲むのでボトルの量が多くて冷やしておくのが一苦労です。

我が家の冷蔵庫は大きめですが、パーティーの食べ物等が入ると瓶を入れる所が殆ど無くなるだろうと思い、ポリプロピレンでできた大きなバケツを買い、アイスキューブを4kg買ってその中で飲み物を冷やしました。実はこのバケツはスーパーで買った洗濯籠で、たったの7ドルでした。色の選択余地がなくてイマイチですが機能的にはうまく行ったと私は満足。子供たちからも賢いと褒められました。

洗濯籠は大量のボトルを冷やすのに最適。本当白い色が良かったのですけれど。

洗濯籠は大量のボトルを冷やすのに最適。本当白い色が良かったのですけれど。

(なんでこのようなプラスチックやポリプロピレンの家庭用品で安い品物はおかしな色が多いのでしょうか。キッチン用品もそうですが、きつめのピンク、ブルー、オレンジ色、黄緑色が多いですよね。私の洗濯用の小物干しも黄緑に黄色の洗濯バサミ、白に緑と黄色の洗濯バサミです。)

環の所はマットがお料理をするのですが何時も2倍くらいの量の食べ物を持って来ます。彼はマルタ島系の人で、まさに地中海料理の本場ですがお料理の量が多いのもそのせいかしらといつも思うのです。

今回も大量のシーフードで、蟹 とウチワ海老はお店で買いましたが、子蛸のグリル、ハマチと帆立貝のセビーチェは彼の得意なお料理です。それに加えて、豪のガールフレンド、ロリーがスカンピのお刺身を持って来ました。

蟹とウチワ海老。上が生のスカンピ。スカンピに付着している青っぽいものは卵です。

豪はポルケッタを前の日から準備し、何時間もかけてオーブンで焼きました。ポルケッタはイタリアのお料理で、豚のバラ肉にハーブを入れて巻いた、いわゆるローストポークです。皮付きのバラ肉を使うのでロールの外側の皮がパリパリになり、なんとも言えない美味しさです。皮のおかげで中の肉はとてもジューシーに出来上がります。

ナギは 彼女のブログにも投稿したミックスベリーのパブロバを前の日に焼いて持って来ました。パブロバは地中海料理ではないのですが、ナギは地理が苦手だから仕方がないかしら、、、

おつまみと共に豪が色々なカクテルを作ってみんなに振る舞ったので、おつまみの時間が長引きました。その後でプレゼント交換をしたので食事の始まるのが遅れ、前菜のシーフードを食べたのが夕方の6時頃でした。6時といっても夏時間のシドニーはまだ明るくて、お日様もまだ高さがあります。シーフードが美味しかったのでメインとデザートを考えずに全員食べ過ぎてしまい、ポルケッタの前に小休憩する事にしました。

christmas-2016_5

ポルケッタはイタリアのローストポーク。

環とマットはソファーで気持ちよく寝てしまい他の人たちもお腹が空くのを待っていましたが、なかなか空きません。9時を過ぎてしまい、あまりに遅いので頑張ってメインを開始しました。無理に起こされた環とマットは半分寝ぼけてポルケッタを食べていたようで、とても美味しくできていたのですが果たして美味しさが解ったのかどうか疑問です。

1時から始まって飲んだり食べたりが続き、10時にポルケッタを食べたのでデザートを食べる元気も無くなり、お腹に隙間もありません。マットと環はまた居眠りが始まり、残った4人でデザートは明日にしようと決めました。

前の日の夜10時まで頑張ってパブロバを焼いたナギはガックリ。今後は絶対にデザート係をやりたくないと宣言しました。彼女の気持ちは良く解ります。

我が家は甘党では無いので、デザートにケーキや和菓子を食べる事はあまりありません。家族全員の集まりにデザートを作っても半分以上は余ってしまい、処分に困るくらいです。考えてみれば、レシピティンジャパンのブログにもデザートを投稿していません。私のレパートリーに無いのです。

と、まあここ迄我が家のクリスマスパーティーの事を書きましたが、日本の年末年始には茹でた海老なども多く出回るのではないかと思い『 プローンカクテル 』のお料理を載せる事にしました。プローンカクテル はイギリスで1960年から80年にかけて流行った前菜です。

これはナギのクリスマス晩餐会のお料理の一つでクリスマス向けですが、お正月のおせちに飽きたらこんなものも良いのではないかと思いました。レシピではカクテルグラスに入れてありますが、下の写真のように低いグラスやレタスのカップに乗せても良いし、小鉢でも素敵です。

とても簡単にできる プローンカクテル は飾り付け次第で豪華に見えてパーティーの前菜にピッタリです。

A HAPPRY NEW YEAR!

今年もどうぞ宜しくお願いします。

追伸:1月21日から日本に行きます。2月いっぱい迄滞在するので次回のブログの投稿は3月になるかもしれません。

プローンカクテル
 
下準備
調理時間
合計
 
とても簡単にできる プローンカクテル は飾り付け次第で豪華に見えてパーティーの前菜にピッタリです。
作者:
分量: 6人分
【材料】
  • 茹で海老(中)1kg、又は茹でた剥き海老 600g (注1)
  • レタスの千切り 4カップ
  • パセリのみじん切り 適量
  • レモンの櫛切り 6個
ソース
  • マヨネーズ 165ml (できれば全卵のもの)(注2)
  • ケチャップ 大匙1(注3)
  • ウスターソース 小匙1
  • 下ろしたホースラディッシュ 小匙1(又は瓶入りのもの小匙1½ 、或いはワサビ小匙¾ )
  • タバスコ ひと振り
  • カイエン ペッパー ひとつまみ
【作り方】
  1. 丸のままの茹で海老の場合は頭を取り、皮をむく。飾り用に幾つかは尻尾の殻を付けておく。
  2. ソースの材料をよく混ぜ合わせ、海老に絡める。
  3. カクテルグラスにレタスを3分の2位まで敷き詰める。ウイスキーグラスやレタスの葉に入れても素敵。
  4. 海老を盛って尻尾つきの海老を一番上に乗せ、パセリを散らす。レモンを添えて出す。
【注】
1. 海老はもちろん新鮮で品質の良い物ほど味があります。オーストラリアではすでに茹でてある美味しい海老がスーパーでも売られています。オキアミで採れたら直ぐに船上で茹で上げるので美味しいのです。

殻付きの物を剝いた方が、すでに剝いてある海老よりも美味しいと思います。

2. 全卵のマヨネーズはより滑らかで酸味がきつく無くまろやかな味です。

3. オーストラリアやイギリスではトマトソースと言いまが、他の国ではケチャップです。

4. 一人当たり100gとして計算しています。前菜として丁度良い量だと思います。

5. 準備の時間に海老の殻を剥く時間は含まれていません。私の場合1kg(45匹くらい)の茹で海老を1人で剥くのに15分かかりました。家族全員でやれば早く出来ます。

6. ソースはNeil Perryのレシピを使用しました。
栄養成分
一食分: 150g カロリー: 232 cal 脂質: 10.9g 飽和脂肪酸: 1.9g 不飽和脂肪酸: 9.0g トランス脂肪酸: 0.0g 炭水化物: 9.5g 糖質: 2.7g ナトリウム: 479img 食物繊維: 0g タンパク質: 234.23g コレステロール: 218mg

このレシピの英語版の料理名はPrawn Cocktail!!!です。RecipeTin Eats (www.recipetineats.com) に載っています。

 

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

オススメ度: