豚肉とフェンネルのスペシャル ソーセージロール 、そしてクリスマスパーティ!

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

Pork-Fennel-Sausage-Roll-2

メキシコ旅行をま間近に控え、色々と済ませておかなければならない事が沢山あって、あっという間に10日間も投稿を出しませんでした。自分の事だけでも忙しいのにナギはブログ用の食器等をきちんとした食器棚に収めたいと言って、先週の土曜日にセコハンの食器棚を手に入れ、私に食器の収納を手伝って欲しいと言って来たのです。又彼女の所へ行く前にダイソーでナイフやフォークを仕分けるトレイや、お皿を重ね置きする棚も買って欲しいとの事で、丸2日ナギに振り回されました。投稿がかなりの遅れた弁解です。

一年が経つのは本当に早いもので今年もあと2ヶ月半です。日本では『今年もあともう、、、』と言った表現をしますが、こちらでは『クリスマスまであともう、、、』と言うのが恒例です。やはり文化の違いですね。デパートやスーパーマーケットにはクリスマスツリーやツリーに取り付ける飾り、ボンボン、クリスマスプディングなどが並び始めました。

IMG_2113

デパートにはクリスマスの特別コーナーが設けられて、色々な飾りが売られます。

IMG_2115

ツリーの飾りも色違いにまとめられて、目移りがしてしまいそうです。

クリスマスプディングはフルーツケーキみたいですが生地がとても重く、味 は濃厚です。半球の型に入れ、長時間蒸して作ります。

オーストラリアのクリスマスは真夏なので移住したばかりの頃は炎天下に飾られたクリスマスツリーをちょっと変だと思いましたが、今では慣れてしまってむしろユニークで良いと思います。シドニーのシティの中心にマーチンプレイスと言う歩行者天国があります。郵便局の本局が面している所なので本当にシドニーの中心です。毎年11月の後半になるとここに大きなクリスマスツリーが立てられ、夜には明かりが灯ります。夏なのでツリーに綿の雪は乗せません。

幾つかの宗教を除きキリスト教を信じている人は勿論、そうでなくてもクリスマスには特別な日として家族や友達とパーティをしたり豪華な食事を楽しみ、プレゼントも交換します。子供達が小さかった頃はバービーやマイリトルポニーといった人形が流行っていて、娘達のプレゼントはそのような物でした。息子にもGI ジョーといった軍人の人形を買ったりしました。

マーチンプレイスのクリスマスツリー

シティの中心にあるマーチンプレイスには毎年真夏の炎天下に大きなクリスマスツリーが立てられます。

子供が小学生・中学生になると子供達からも私にプレゼントが届きました。でも毎年フライ返しやお玉といったキッチン用品ばかりで、子供にとっては ママは『いつもご飯を作ってくれる人』で他の物がきっと頭に浮かばないのだろうと思いました。子供が大きくなってアルバイトを始めると私へのプレゼントも少し値が張ってきて、息子がワイングラスのセットをプレゼントしてくれたこともあります。私のワイン好きを考えての事だと思います。見かけの良いクリスタルグラスでしたがとても重いグラスでした。多分お小遣いを出し切っても薄手の良いグラスには手が届かなかったのだと思います。

毎年貰うクリスマスプレゼントは子供達其々が私の為に一生懸命に考えて探して買ってくれた物ばかりで、とてもありがたい気持ちになりました。子供達が仕事に就き、自立するようになってからは欲しい物は自分で買えるので、クリスマスのプレゼントを考えるのが段々難しくなって来ました。適度な価格でしかも買えないからクリスマスにプレゼントして欲しいといった物が少なくなってきたのです。そんな訳で最近はシークレットサンタという形式で一対一のプレゼント交換をする事にしています。

我が家の場合はインターネットのシークレットサンタサイトを使います。参加者は私と子供達とパートナーです。誰か一人がシークレットサンタサイトに登録し(これは大抵ナギの役目)、参加者のメールアドレスを記録します。又プレゼントを買うルール、例えば大体の価格、を記述します。くじ引きのボタンを押すとコンピューターが勝手に誰が誰のプレゼントを買うのか決めてくれます。そして自動的に各自のメールアドレスに誰にプレゼントを買うのか知らせが行くのです。どの参加者も自分の買う相手だけ判り誰が自分に買ってくれるのか判りません。参加者はこのサイトで買って欲しい物をリクエストする事もできます。リクエストを記入するとサンタ役を引き当てた人にその情報が届きますし、又参加者全員もリクエストを見ることはできます。

このMizunoのゴルフバッグは去年のクリスマスプレゼントです。このバッグはとても軽いので以前使っていたバッグと比べ運ぶのが少し楽です。運ぶと言っても車から出してガレージの隅に移すだけなのですが、、、

各自が自分の引き当てた人が誰なのか口外しなければクリスマスまで誰が誰に当たったのか判らなくてスリルがあります。でも同居していると品物次第で判ってしまう事もあります。例えば昨年のクリスマスに私はゴルフバッグをリクエストしたのです。もし環かマットが私のサンタだったら大きな品物なので購入後家に持って帰ったらパートナーに気づかれてしまう所でした。

私のサンタはナギだったのですが、プレゼント交換をするまで誰が私のサンタか判りませんでした。私のリクエストはゴルフバッグが第一希望で金額も範囲内だったので絶対に買ってもらえると信じていました。クリスマスの日に私の家に皆が来たら品物が大きいので誰が持って来たかすぐに判ると思っていたのです。でもバッグらしい物はクリスマスツリーの周りのプレゼントの山に有りませんでした。私は本当にガッカリしました(自分でも子供みたいだと思ったくらいです)。クリスマスの晩餐が終わりいよいよプレゼントを皆で開ける時が来ました。ナギからのプレゼントは封筒に入ったメモでした。メモには『前庭のポーチに行ってプレゼントを見つけて下さい。』とありました。急いでポーチに行くと新しいMizunoのゴルフバッグがありました。リクエスト通りのバッグで子供の様に喜びました。

IMG_0319

SATGソーシャルグループのクリスマスパーティ。これは2年前のクリスマスパーティでパブの一部屋を借りました。

私の所属しているSATGソーシャルグループもクリスマスパーティを催します。通常はレストラン、クラブハウス、パブ等で部屋を借り切って3コースの夕食会をしますが、今年はメンバーの家で少し安上がりにしようと言う事になりました。私はソーシャルグループの役員で財務を担当しているのですが、役員会議で今年のクリスマスパーティの場所が決まった時にパーティ料理はナギに作ってもらったらどうかと提案したのです。ナギのブログにはパーティ向きのレシピが沢山出ていますし、彼女もパーティ好きで時間があれば友達を呼んでお料理を披露しているのです。他の役員も皆大賛成で、パーティーはナギと息子の豪と2人で準備するケータリングサービスをする事になりました。

パーティー料理の一つで年代を問わずとても人気があるのが ソーセージロール です。ソーセージロール はパーティ料理としてだけでなく、スナックとして又大きめの物はお昼に食べたりもします。オーストラリアで ソーセージロール と言うと日本で見かけるウインナーが詰まっているパンではなくて、ひき肉をパイシートでくるんで焼いた物です。通常は牛肉のひき肉に玉葱・人参の微塵切りと香辛料を混ぜたものが中身になりますが、ナギがブログに載せた『豚肉とフェネルのスペシャル ソーセージロール 』はちょっと違っていて本当に特別なソーセージロールです。実はこれは豪が作ったレシピで何度も試作して出来上がった物です。とても美味しいソーセージロールですので是非試してみてください。

豚肉とフェンネルのスペシャルソーセージロール
 
下準備
調理時間
合計
 
秘密はベーコンで、このソーセージロールの格が一段上がります。更に玉葱とセロリをソテーしてから肉に混ぜる事で具に甘味が出て普通のソーセージロールより口当たりがソフトです。フェンネルを加える事で味が更に良くなります。豚肉とフェンネルは愛称が良い食材です。
作者:
分量: 20個分
【材料】
  • 玉葱 1個、微塵切り
  • セロリ 一本 微塵切り
  • ニンニク 2かけ 超微塵切り
  • オリーブオイル 大匙1/2
  • 豚ひき肉 500g (低脂肪ではなく普通)
  • ベーコン(脂肪の多いバラの部分) 4枚
  • フェンネルシード 大匙1、乾煎りする
  • 黒胡椒
  • シーソルトフレーク 小匙山盛り2
  • パン粉 カップ1弱
  • 卵 1個
  • パイシート 2枚半、2枚を半分に切って長方形を5枚にする (注1)
  • 艶出しのためのとき卵
【作り方】
  1. オーブンを200度に温めておく。
  2. オリーブオイルをフライパンに加え、玉葱、セロリ、ニンニクを焦がさないように気をつけながら
  3. 中火で炒める。柔らかくなり甘みが出たら火から下ろして冷ます。
  4. ベーコンをひき肉の粒ぐらいの細かい微塵切りにする。そうする事で焼いた時にベーコンがひき肉と上手く混ざる。
  5. ソテーした玉葱ミックス、ひき肉、ベーコン、フェンネル、塩、胡椒(多目‐胡椒挽きで10回転ぐらい)をボールに入れ手を使って良く混ぜる。
  6. パン粉を加えて混ぜ合わせ、更に卵を加えて良く混ぜる。
  7. カバーをして冷蔵庫で1時間寝かせる(しなくても良いが出来るだけ寝かせる)。
  8. 長方形のパイシートの長い辺を手前にして置く。ボールの具の1/5を取り、パイシートの幅に合わせた細長い円柱形にしてシートの真ん中に置く。具に空洞や隙間がが無いように気をつける。
  9. 具をパイシートでくるりと巻いて、艶出しの卵をつけて閉じる。
  10. 綴じ目を下にして表面に艶出しを塗り(しなくても良い)、4等分(フルサイズのソーセージロールにしたければ2等分)に切る。
  11. 残りも同じようにして作りハーフサイズを20個作る。
  12. ベーキングトレイ(一度に焼くのに2つ必要)にオイルスプレーを軽くかけ、ソーセージロールを置いてオーブンで20-30分、狐色になるまで焼く。
  13. ラックにおいて冷ます。暖かいままか室温で出す。
【注】
1. ここで使用したパイシートのサイズは30cm x 30cmで、30cm x15cmの長方形が5枚になります。多少大きさが違ってもかまいませんが、かなり違う場合は具の量を調整して下さい。

栄養成分表はソーセージロール1個分です。
NutritionSausageRoll

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page

Comments

  1. says

    由美子さん もうすぐメキシコに行かれるんですね。お気をつけて、楽しんできてください。早いもので、もう10月半ば過ぎ、クリスマスもあっという間ですね。うちの娘も 2歳からブリスベン育ちで、ソーセージロールは大好物のひとつです。豚肉のものは、たべたことがありません。 美味しそうですね。是非、作ってみたいと思います。

    • recipetreasure says

      志保子さん、有難うございます。このソーセージは一味違います。中身の口当たりがソフトで味も一般のと違います。ここでは4等分しましたがもう少し小さく5等分すると一口大になるかも。作られたら感想を是非聞かせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

オススメ度: