ジューシーなキューバ風モホローストポーク(映画 シェフのレシピ)
 
下準備
調理時間
合計
 
かんきつ類を使った典型的なキューバの味付けで豚肉の塊を漬け込みます。出来上がりがよりジューシーで失敗が無いのでロイ チョイのオリジナルのレシピより低温で時間をかけて焼きました。オリジナルのレシピは【注1】を見て下さい。
作者:
分量: 8-10人分
【材料】
マリネ
  • エクストラバージンオリーブオイル カップ1
  • コリアンダー/香菜/パクチー カップ1
  • オレンジの皮のすりおろし 大匙1
  • オレンジジュース カップ1
  • ライムジュース カップ½
  • ミントの葉 カップ¼ (軽くつめて)
  • にんにく 8かけ
  • オレガノ 大匙1(ぎっしりつめて)又は乾燥オレガノ大匙1/2
  • クミンの粉 大匙2
  • 塩 小匙1
  • 黒胡椒 小匙1
豚肉
  • 肩肉の塊 2kg (骨と皮ナシ)
モホソース
  • ライムジュース 大匙2
  • オレンジジュース 60ml
  • 塩、胡椒
【作り方】
  1. マリネの材料をフードプロセッサーにかけ、ハーブとニンニクを細かく微塵切りにする。フードプロセッサーを使わない場合はニンニクとハーブを微塵切りにし、残りの材料と一緒ボールに入れて良く混ぜる。
  2. チャックつきのポリ袋に豚肉とマリネを入れて、冷蔵庫に一晩置く(ボールにポリ袋を入れておくと漏れても安心)。
  3. 豚肉をマリネから取り出し、室温になるまでおいて置く。マリネ液は捨てないで取っておく。
  4. オーブンを170度に暖めておく。
  5. オーブン用の鍋か深めの天板にラックを置き、豚肉を乗せる。あるいはラックの代わりに玉葱2つ程を半分に切って豚肉の下に敷いて肉が直接天板に付かないようにする。お鍋の蓋又はアルミホイルを二枚にしたものでカバーをする。肉にカバーが付着しないように真ん中を少し持ち上げてカバーをテントの様にする。
  6. オーブンで2時間半焼き、蓋又はアルミホイルを取って更に30分焼く。(注1でオリジナルの焼き時間を参照して下さい)
  7. オーブンから出して肉をお皿に移し、軽くアルミホイルでカバーをする。20分置いてからモホソースを添えて出す。この写真ではオレンジのスライスをフライパンで焼いたものとコリアンダー/香菜/パクチーの葉を飾りに添えました。
モホソース
  1. 取っておいたマリネ液、モホソースの材料、オーブンで焼いた肉の汁を大匙2杯分をお鍋に入れて火にかける。沸騰したら塩コショウで味を調える。お好みでライムジュースやほんの少量のお砂糖を入れても良い。火をとろ火にして1分間したら火を止める。
【注】
1.マリネはオリジナルのレシピ通りにしましたが焼き方を変えました。私の焼き方はより簡単で失敗が無いと思いますし肉もジューシーに出来上がると思います。肉を柔らかくなるまで焼きすぎる位に焼くので、オーブン用温度計も要りません。ゆっくり時間をかけて焼く方法は肩肉のような硬い部位の肉を柔らかく仕上げる昔からの調理法です。
また、私は肉を丸めて糸で縛りませんでした。あいにく料理用のタコ糸を持ち合わせていなかったからなのですが、、、もし肉を丸めるならばカバーをして焼く時間を20分長くします。
オリジナルのレシピでは1.75kgの骨無しの肩肉を使っています。豚肉をまるめてタコ糸で縛り、220度のオーブンで30分焼き、温度を190度に下げてさらに1時間30分あるいは肉に刺した温度計が160度に至るまで焼きます。

2.肉が余ったらキューバ風サンドイッチを作ってみてください。近いうちにレシピを掲載しますので乞うご期待を。

3.レシピはウェブサイトFood and Wine(http://www.foodandwine.com/) のMojo Marinated Pork Shoulder (http://www.foodandwine.com/recipes/mojo-marinated-pork-shoulder)を参考にしました。マリネの材料はオリジナルのままです。オーブンでの焼き方と時間を変えました。モホソースは私が考案しました(マリネ液を無駄にしたく無かったので)。
Recipe by シドニーから送るレシピの玉手箱 at http://recipetreasure.main.jp/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%81%a8%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%90%e9%a2%a8%e3%83%a2%e3%83%9b%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af/